TOPBlogClinicNewspaper

kamiawase

 

 

implant

歯を失った際の治療法

 

虫歯、事故、加齢などによって歯を失われた際は、大きく分けて3つの治療を施しています。

1)周囲の歯を削って人工歯を入れ、歯のない部分をあるように見せる「ブリッジ」
2)「義歯」(入れ歯)
3)顎の骨に人工歯根を埋め込み、人工歯を入れる「インプラント」

患者さまのご希望を伺い、適切な治療を行うようにしていますが、治療条件を満たした場合や費用の問題がない場合は、「インプラント」をおすすめしています。理由は以下の通りです。

 

ブリッジと義歯のデメリット・リスク

 

ブリッジは、土台とする歯が必要になるため、健康な歯であっても、最低2本、削らなければいけません。
歯を差し込むため、ブラッシングがしにくく、歯周病や虫歯などを引き起こす可能性も高くなります。
また、失った歯にかかるはずの負担を周囲の歯がカバーすることになりますので、周囲の歯のトラブルも招きやすくなります。
義歯(入れ歯)は、ほかの治療法に比べて審美性に劣っています。
特に若い方は、お奨めできません。

 

インプラントの魅力

 

ブリッジや義歯が、ほかの歯の健康を乱したり、"気がかり"を持たせるのに対し、インプラントは、メンテナンスと定期健診を受けていただければ、半永久的に使うことができるので、「第2の永久歯」として、口の中の健康を保ち、歯に悩まされることなく充実した生活が手にできます。食べたいものを食べ、歯を気にすることなく笑う、というような生活の楽しみをぜひ取り戻してもらいたいと思います。

 

インプラントにもデメリットはある

 

最先端治療であるインプラントは、「歯を取り戻したい」とお考えの患者様からも注目されており、
現在は、多くの医院で取り入れられています。
しかし、インプラント治療には「外科手術が必要」「高額」「試用や試着ができない」というリスクやデメリットもあります。
だからこそ、安心できる歯科医を選ぶことが肝心だと思います。

 

インプラント治療で当院が選ばれる理由

 

当院の患者さまは、ほとんどがご紹介でご来院いただいています。なぜ当院を勧めてくださるのでしょうか。
よく聞かせてもらう声を挙げてみたいと思います。

 

1)噛み合わせ治療とインプラントの専門医と技工士が連携して、治療に取り組んでいる。
インプラントの専門医院の中でも、インプラントの専門医、噛み合わせの専門医、補綴の専門医などが共同
で治療する医院は少ないようです。「歯から顎、顎から身体へ」というように、お口の中の総合治療を心がけている当院では、ただ単に「歯のないところに歯を入れる」という治療は行っていませんので、その点が患者さまに喜んでいただけているようです。

 

2)経験と実績がある。
スギモト歯科医院では、年間約200本のインプラント治療をおこなっています。
また、国内外の勉強会や学会に積極的に出向いては、知識や腕を上げるように心がけています。
さらに、当院ではインプラントのメーカーとの共同開発をおこなっています。

 

 
 

 

| トップ | トピックス | 患者さまの声 | スタッフブログ | リンク集 | メディア掲載 | 採用情報 | プライバシーポリシー | サイトマップ |