TOPBlogClinicNewspaper

kamiawase

 

invisalign

インビザライン・システムの歴史

 

「インビザライン・システム」は、1997年に矯正先進国アメリカのアライン・テクノロジー社によって開発された矯正システムです。

アメリカで実施されたアンケート調査では、インビザライン・システムの治療を受けた患者のうち、9割近くが治療に「とても 満足している」「極めて満足している」と回答されたようです。

同システムは、日本では2006年に導入されました。

 

インビザライン・システムとは何か

 

日本国内において、よく知られる矯正治療法のひとつに、ブラケットとワイヤーを用いた治療法があります。

この治療法は、取り外しができない、金属が使われているといった不快を訴えられる患者さまも少なくはありません。

それに代わって開発されたのが、金属を使わない透明のマウスピース(アライナー)を用いた「インビザライン・システム」です。

 

具体的な治療内容

 

インビザライン・システムは、3次元コンピュータ画像技術を駆使し、治療開始から終了までの過程の緻密なシミュレーションを行うことから始まります。

そして、その結果に基づき、個々の患者さまの症例に適合する一連の「インビザライン・アライナー」をカスタムメイドします。

患者さんは、矯正歯科医の経過診察のもと、装着するアライナーを交換していくことで、歯を移動させることができます。

 

インビザライン・システムのメリット・デメリット

 

「透明で目立たない取り外しのできる歯科矯正システム」(アライン・テクノロジー社) という言葉からもわかるように、審美性・衛生面に長けており、金属アレルギーでも装着できるといったメリットがあります。

自分で取り外せるので食生活も歯磨きもフロスも、これまで通りに行なってもらえます。

しかし、口腔内に異物が入っているため、違和感には個人差があります。 多少なりとも話しにくいことがあります。

 

治療を検討する前に知っておいてもらいたいこと

上に述べたように、矯正治療の画期的なシステムであることに間違いありませんが、残念ながら、口腔内の環境や年齢などにより、すべての方に適応できる治療法ではありません。 ご希望の方は、まず、歯科医師にお尋ねください。 費用についても、個別にご説明させていただきます。

 

 

 

| トップ | トピックス | 患者さまの声 | スタッフブログ | リンク集 | メディア掲載 | 採用情報 | プライバシーポリシー | サイトマップ |