TOPBlogClinicNewspaper

kamiawase

 

 

悪い噛み合わせ「不正咬合」には、それぞれ、症状に「呼び名」があります。

ここで、一部、ご紹介しましょう。

 

【受け口】
「下顎前突」(かがくぜんとつ)を参照。

 

 

【開咬】
開咬(かいこう)とは、不正咬合の一種。奥歯が噛み合わせた際に、前歯が噛み合わないような状態をいいます。「オープンバイト」とも呼ばれています。

 

 

【過蓋咬合】
過蓋咬合(かがいこうごう)とは、噛み合わせが深い状態です。中には、噛んだ際に前歯に隠れて下の歯が見えないケースもあります。

 

 

【下顎遠心咬合】(かがくえんしんこごう)
「上顎前突症」(じょうがくぜんとつしょう)を参照。

 

 

【下顎前突】
下顎前突(かがくぜんとつ)とは、俗称「受け口」(うけぐち)。また、下顎が上顎より前に出た状態で「反対咬合」(はんたいこうごう)と呼ばれることもあります。

 

 

【顎関節】
顎関節(がくかんせつ)とは、食事や会話をするときに動いている関節。耳の前に指を当てて、口を開けると、動いてることが確認できます。

 

 

【顎関節機能障害】
顎関節機能障害(がくかんせつきのうしょうがい)とは、顎関節が正常に機能しない症状です。噛み合わせの不調和、ストレスによる悪習慣など、さまざまな要因によって起こります。

 

 

【空隙歯列】
空隙歯列(くうげきしれつ)とは、俗称「すきっ歯」。「正中難開」(せいちゅうりかい)と呼ばれることもあります。症状としては、歯と歯の間が空いている状態です。顎の大きさに対し、歯が小さい場合や、歯の数が足りない場合に起こりやすい不正咬合の一種です。

 

 

【交差咬合】
交差咬合(こうさこうごう)とは、噛み合わせた際に、上下の顎が左右どちらかにズレる状態です。

 

 

【叢生】
叢生(そうせい)とは、「乱杭歯」(らんぐいし)や「やえ歯」(やえば)とも呼ばれ、歯並びが悪い状態をいいます。歯の大きさや数に対し、顎の骨が小さく、歯が並ぶスペースが不足している場合に起こりやすい不正咬合の一種です。

 

 

【上顎前突症】
上顎前突症(じょうがくぜんとつしょう)とは、俗称「出っ歯」(でっぱ)や「反っ歯」(そっぱ)。「下顎遠心咬合」(かがくえんしんこうごう)とも呼ばれます。上下の前歯や上下の顎の骨が出ている状態です。

 

 

【正中難開】
「空隙歯列」(くうげきしれつ)を参照。

 

 

【すきっ歯】
「空隙歯列」(くうげきしれつ)を参照。

 

 

【切端咬合】
切端咬合(せったんこうごう)とは、上下の前歯の先端がぶつかりあうように噛み合っている状態です。

 

 

【出っ歯】
「上顎前突症」(じょうがくぜんとつしょう)を参照。

 

 

【反対咬合】
「下顎前突」(かがくぜんとつ)を参照。

 

 

【不正咬合】
不正咬合(ふせいこうごう)とは、歯並びや顎の位置のズレなどによって、正常な噛み合

 

 

【やえ歯】
「叢生」そうせいを参照。

 

 

【乱杭歯】
「叢生」そうせいを参照。

 
 
 

 

 

| トップ | トピックス | 患者さまの声 | スタッフブログ | リンク集 | メディア掲載 | 採用情報 | プライバシーポリシー | サイトマップ |